カードローン ブラックリスト

ブラックリストとは?

ブラックリストという言葉を聞いたことがあると思いますが、ブラックリストが一体何なのかを知っている人は少ないのではないでしょうか?
よく耳にする、ブラックリストという言葉・・・。なんとなくはわかるけど、実際に説明をとなるとできないという方も多いのではないでしょうか?
まずは、カードローンを借りる前に、「ブラックリスト」について確認をしておきましょう!

 

実は「ブラックリスト」という、言葉は存在しない!

実は、「ブラックリスト」というリストは存在しないんです。
ブラックリストというのは一般消費者が名付けた名前であって、金融機関ではブラックリストのことを「事故情報」と呼んでいます。
事故情報とは、カードローンやクレジットカードの返済が数か月延滞した場合などによって、信用情報機関に登録される情報のことをいいます。
この事故情報は一度登録されると一定期間抹消されずに、情報が登録されている間はお金を借りられなかったり、新規にカードローンの契約をすることもできない状態となります。
では、具体的に何をすると事故情報となるのでしょうか?それは、以下の3つになります。

 

延滞

残高不足で返済のための引き落としができなかったり、入金が間に合わないなど、ローンの返済期間までに返済に間に合わないことを「延滞」といいます。
返済の遅れは一般的に、3か月遅れると事故情報となると言われています。

 

代位弁済

代位弁済とは、金融会社が借り入れをした人ではなく、契約している保証会社に一括返済を求め返済を受けた状態のことをいいます。
延滞が長期間にわたった場合など、金融機関側が執る「代位弁済」の執行によって生じる事故のことです。
ちなみに、保証会社をつけないクレジットカードやカードローンなどの場合はこの措置は取られません。
住宅ローンのように保証会社をつけることを求められるローンの場合に生じます。

 

債務整理

任意整理や自己破産、個人再生といった法的な整理を行った場合も契約内容に関する情報のほか、延滞情報や債務整理の事実が事故情報として記録されます。
この事故情報は5年から10年記録されると言われています。

 

個人の信用情報は、国が指定する信用情報機関によって管理されています。
信用情報機関は全国銀行協会、CIC、JICCの3種類があり、それぞれの間で個人の信用情報を共有しています。
事故情報の登録期間は延滞や代位弁済、債務整理など内容によって異なります。
信用応報機関によっても登録機関は若干異なりますが、延滞・代位弁済・任意整理の場合は約5年、自己破産の場合は約5〜10年と言われています。


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類