カードローンとは

そもそもカードローンってなに?

こちらのサイトをご覧になられている方は、カードローンについて大体のことはご存知かと思います。
ですが、カードローンを詳しく説明してと聞かれて、ある程度、正確に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

 

 

こちらのページではカードローンについて詳しくわかりやすくご説明をいたします。
お借入れの前にご確認してみてくださいね!


 

カードローンとは…

カードローンとは、個人向けの無担保融資のことをいいます。カードローンは担保を付けないでお金を貸すことになりますので、個人信用を重視したローンということになります。
なので、自動車ローンのように誰でも借りやすいローンとは異なり、審査状況によっては否決になることも少なくありません。その意味では、カードローンは気軽に借りられるローンではありません。

 

しかし、だからといって厳格な年収制限があるといったものではありません。原則的に定職に就き、安定した収入がある方なら申込みは可能になっています。
最近では、限度額10万円の低額のカードローンもあります。また、学生や専業主婦の方でもつくれるカードローンもあります。
審査も昔ほど時間がかからなくなってきていますので、利用できる方の幅も広がり便利なサービスといえます。

 

カードローンの特徴と仕組み

次にカードローンの特徴や仕組みをわかりやすくご説明いたします。

 

ローンは大きく分けると目的ローンとフリーローンの2種類あります。
カードローンはフリーローンのひとつになります。(カードローンとフリーローンは厳密には違いがありますが、資金使途が自由という点でフリーローンの仲間と考えられます。)

 

また、目的ローンとは、自動車ローンや教育ローンなどの資金使途が限定されているローンのことをいいます。
目的ローンに比べ、フリーローンは資金使途が限定されません。

 

自動車ローンで借りた資金は自動車購入の資金にしか利用できませんが、フリーローンは、旅行に使っても良いですし、借り換えに使っても構わないのです。
しかし、資金使途が限定されないフリーローンは、目的ローンより金利は高めに設定されているのが現状です。
借り入れをした資金を何に使っても構いませんが、金利は目的ローンより高くなる。これが、カードローンの基本になります。

 

そしてカードローンのもうひとつの特徴は、限度額内で何度でも借りたり返したりができることです。

 

返済方式はいろいろとありますが、基本的には、利用残高に応じ、毎月5千円や1万円など、あらかじめ定められた返済額に基づいて返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。
そしてカードローンは、毎月の返済をしていて、限度額内であれば、何度でも引き出し使えるのが特徴です。

 

もちろん利用残高が0になったり、まったく利用していなければ返済は発生しません。
カードローンをつくる方には、万一の資金不足に備えてという方もいらっしゃいます。
住宅ローンの優遇金利を利用するため、融資先の銀行のカードローンをつくる方もいらっしゃいます。

 

 

また当然ですが、カードローンを作ったけれど、全然使っていないのであれば返済は発生しません!
なので、もしもの時のためにカードを作ってもOKです!



HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類