カードローンとキャッシングの違い

「カードローン」と「キャッシング」の違いって?

「カードローン」と「キャッシング」の違いって、そもそも何?と思ったことはないでしょうか。
なんとなくはわかっても、説明のできない方が多いと思います。
こちらでのページで「カードローン」と「キャッシング」の違いを確認してみましょう。

 

キャッシングとは・・・

キャッシングとは、短期で借りる小口融資のことをいいます。
最もなじみのあるキャッシングと言うと、クレジットカードに付帯している融資機能です。
クレジットカードはもともと多額の現金を持ち歩く危険を防止するためのトラベラーズチェックが進化したもので、いわゆるショッピングクレジットのためのカードでした。
なかにはリボ払いなどのサービスを行っているところもありますが、基本的には翌月一括払いとなっています。
そんなクレジットカードにも、小口の現金を引き出せる機能がつくようになりました。これがいわゆるキャッシングです。これもかつては一括払いで返済するのが基本でした。
したがってキャッシングとは、小口融資のことを指し、1万円単位の少額から借りることができ、返済も翌日一括払いのものをさします。

 

カードローンとは・・・

一方のカードローンは、少ないものだと数十万円程度ですが、大きい金額になると数百万円までの大口融資となります。
基本的に金額が大きくなりますので、返済方法はリボルビング払いが一般的です。
カードローンは、銀行によってさまざまですが、基本的にはカードーローンの専用口座と普通預金の口座があり、毎月の返済は普通預金の口座から引き落とされます。
引き落とされる金額は、カードローンの残高によってスライドしていきます。ですが、定額のリボルビング払いとなるのが一般的です。
金利は極度額が大きいカードローンほど低金利となり、極度額が少額になると金利も高くなります。
それでも金利は、キャッシングより高くなることはありません。
カードローンは長期返済を前提にした金利設定ですが、返しては借りてを続けていくと、金利の負担は大きくなりますので注意が必要です。

 

なお、キャッシングとカードローンではどちらが審査が厳しくなるかというと、カードローンの方になります。
カードローンは金額も大きいということもありますが、基本的に銀行が出しているローン商品であり、金利も低いからです。
貸出金利は貸し倒れリスクも加味されていますので、金利が高いほど審査は甘いと考えます。
逆に金利が低いということは、確実に返済してくれる人を選ぶということになりますので審査も厳しい傾向にあります。

 


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類