カードローン 代位弁済とは

カードローンの代位弁済とは?

カードローンのお借入れの前に、カードローンの代位弁済についてもこちらで整理しておきましょう!

 

銀行のカードローンは、保証会社による保証が附保されています。
言い方を変えるとすれば、保証会社が債務者の保証人の代わりをつとめているということになります。
通常の場合、銀行カードローンの保証会社には、個人向け融資に対して強みがある、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などがついているんです。

 

したがって、三井住友銀行のカードローンであればプロミス。三菱東京UFJ銀行のカードローンであったらモビットがあなたの債務を保証しているということで、プロミスやモビットもあなたの信用を保証し、三井住友カードローン、三菱東京UFJ銀行の与信枠をとりつけていることになります。
つまり、銀行というより、むしろ保証会社が審査をし、与信枠がついているというイメージです。

 

そして万が一、債務者であるあなたが、返済に窮する事態に陥った場合、保証会社は債務者に代わり、カードローンの残債を債権者の三井住友銀行に弁済します。
これを代位弁済と言います。
しかし、プロミスが債務を払ってくれたからといって、それで収まるわけではありません。
今度は代理弁済したプロミスが債権者となるだけで、あなたの返済義務は消滅しないんです。

 

代位弁済が実行されるとカードローンへの返済義務はなくなります。
ですが、カードローン自体は利用できなくなります。
そして、保証会社から代位弁済通知書が郵送で送られてきます。内容は一括返済を求めているものですので、はじめて代位弁済通知書を見ると、驚くかもしれません。
ですが通常は、交渉をすることで分割で弁済すするのが一般的です。

 

代位弁済が実行されるのは、融資案件によっても違ってきますが、一ヶ月遅れたぐらいでは実行されることはありません。
一般的には延滞した期間が三ヶ月ほど続き、送金の催促があっても履行されないような場合です。
最悪の事態を招かないよう、返済不能の状態に陥った場合は、金融機関に相談することがだいじです。例えば、当分の間は(たとえば再就職できるまでとか、利息だけの返済にしてもらうということもひとつの方法になります。
これまでもまじめに返済してきた実績がある方で、状況が好転すれば、また正常に返済してくれる債務者だと判断してもらえれば、カードローンの契約は打ち切りにならないで済む可能性もあります。
こういうときほど、債権者との連絡を密にするようにしましょう。


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類