カードローン 延滞

カードローン返済に遅れたらどうなる?

通常利用分の返済に加え、出費が多い時期に重なったりして返済が難しい時があります。
全額返金がむずかしいのか、利息だけなら払えるのか、今後の返済も全く見込めないのかによって対応が違ってきます。

 

延滞すると督促状が届く

延滞してすぐにではありませんが、3ヶ月程度放置すると督促状が届きます。書面では、いつまでに返済しなければ保証人(保証会社)に対し代位弁済を請求するとなっています。
督促状の前に、半月ほどの時点で電話やメールで延滞している旨のお知らせがあります。

 

恐らく返済日になってお金が足りないことに気が付くのは稀だと思うので、本来なら返済が難しいとわかった時点で、コールセンターなどから連絡し返済出来ないことを伝えると良いでしょう。
また、その際は

  • 返済できない理由(急病、葬祭など)
  • 全額か、少しなら返済できるか
  • 返済再開の目途が立っていればその日にち

などを伝えておくと金融企業側もその後の対処がしやすくなります。

 

保証先が動く

自分が返済できなければ、多くは保証会社が代位弁済します。
他のローンなどは保証人をたてて契約しますが、カードローンの場合は保証会社が保証している場合が多いです。

 

保証会社が利用者の代わりに返済したあとは、保証会社宛に返済することなります。
この際の返済額は過去の返済分と延滞金などを含めるため、最初に借りた金額よりも高額になっています。

 

事前に連絡を

数日の遅れであったり、返済目途がすぐにたち取り返せる場合は信用情報に支障がない可能性があります。
ですから前もって連絡し返済が遅れる旨を伝えましょう。

 

また、返済できないからといって他のカードローン企業から借り入れを行うのは避けた方が良いです。
多重債務を始めると、その後の返済がさらに厳しくなりこちらもあちらも返済できないというループに陥ってしまいます。

 

その後の一斉の返済無理なら債務整理を

最初に返済が遅れた時点で、休職、失職などの理由でその後3ヶ月の返済目途が立たない場合は、法律事務所に相談し債務整理を行うことをお勧めします。
上記した通り、返済が遅れれば遅れるほど遅延損害金(延滞料金)が嵩み返済が高額になるため早めに手続きを始めましょう。


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類