カードローン 個人信用情報とは

個人信用情報とは?

カードローンに限らず、あらゆるローンやクレジットの審査で照会されるのが個人信用情報です。
カードローンをお考えの方、一度でもクレジットカードで商品を購入したことがある方なら、個人信用情報という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか?
こちらのページでは、個人信用情報についてわかりやすくご説明いたします。

 

個人情報とは・・・

個人信用情報は、文字通りに解釈すると、融資やクレジット利用する上で必要となる個人の信用度をはかる情報になります。
個人信用情報はだいじな個人情報ですから、見られたくなければ、そのような選択もできます。
でも金融機関が照会することを拒否してしまえば、ローンやクレジットの審査ができませんから、カードローンは利用できなくなります。

 

個人信用情報として照会できる情報って?

個人信用情報で照会できる情報は、以下の4つに集約されます。

  • 貸金業者の借入履歴
  • 貸金業者の支払履歴
  • 貸金業者の照会履歴(申込み履歴)
  • 貸金業者の異動歴(事故履歴)

 

このように、あなたにはどんな借入がいくらあるか、支払い状況はどうか、最近どういったローンを申し込んだのか、延滞や破産などの金融事故歴はあるかということが個人信用情報しらべることによって、すべて分かることになります
貸金業者がお金を貸すには、現在総量規制の縛りがありますので、最低でも借入残高はおさえておかなければ違法貸付をしたことになり、厳しい行政処分が下されることになります。
カードローンを借りるにはかならず審査を受けることになりますので、個人信用情報は例外なく照会されることになります。

 

個人信用情報機関について

個人信用情報を管理している機関は現在3つあります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(一般社団法人全国銀行協会=全KSC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)

このうち、貸金業法上の総量規制によって、指定信用情報機関となったのが日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)です。
全国銀行個人信用情報センターが指定されなかったのは全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)が主に銀行が加盟している個人信用情報機関だからです。総量規制はご存知の通り、銀行以外の貸金業者の融資について制限する法律ですので、指定信用情報機関は日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)となったわけですね。
なお、日本信用情報機構(JICC)はおもに消費者金融が加盟して設立されており、シー・アイ・シー(CIC)はおもに信販会社が加盟する信用情報機関として設立されてています。

 

いずれの情報機関も、完済・遅延情報は5年以内で消えます(日本信用情報機構は遅延情報は1年)。照会(申込)履歴は全銀協が1年ですが、ほかの2つは半年は残ることになります。また、代位弁済や債権回収に関する情報は3機関とも発生から5年間、情報が残ります。

 

どの個人信用情報機関で照会しても、情報は共有されている

なかには、個人信用情報機関はどこを選べばよいかと考える方もいるかもしれませんが、日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)は、総量規制の指定情報機関ですから、貸金情報ネットワークを構築しており、情報は共有されています。
また全銀協は銀行のカードローン利用するときの信用情報機関となりますが、全銀協もほかの2つの情報機関と情報が共有されていますので、いまはどれに加盟していても、自分の個信は同じように照会されることになります。

 

ですからどこの個人信用情報を選ぶということではなく、カードローンの内容本位で検討するべきではないでしょうか。
なお、個人信用情報は、本人でも照会できるものですので、一度機会があれば照会してみると良いと思います。
遅延情報などは忘れているようなものが残っていたりするので、普段の返済態度を見直す機会にもなるでしょう。


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類