カードローン リボルビング返済方式

リボルビング返済方式とは?

多くのカードローンやキャッシングで採用されている支払い方法は、「残高スライド式リボルビング」と呼ばれる返済方法です。

 

毎月決まった一定の額を返済していく「リボ払い」は借入残高が高額になってくると、決められた額の返済だけをしていては、なかなか元金が減りません。
「リボ払い」の返済金は、まず利息への支払いに充当されて、残った金額が元金の返済に当てられるという仕組みになっています。
なので、借り入れが増えて、利息が大きくなると、毎月同じ金額だけを返済していては、ほとんど利息のみを支払っているような状態にもなりかねないのです。

 

このような事態を避けるため、ほとんどのカードローンの支払いには「残高スライドリボルビング方式」とい返済方法が採用されています。
毎月の返済金額を残高によって、スライド(増減)する支払い方法のことをいいます。

 

この残高スライドリボルビング払いは、借入残高が多いときは返済額も多くなり、また残高が少なくなると返済額も少なくなります。
これは一見利用しやすいようにも思えますが、返済金の中から元金の返済にまわされる分がいつも一定となり、借入残高が少なくなってきた時にパッと完済できず、ズルズルと少額の返済をし続けるという状況に陥りがちなのです。
少しプラスして、頑張って返済するだけで、元金が効果的に減っていき、完済も近づいてきます。
借入残高が減ったからといって気を抜かず、繰り上げ返済などをして一気に完済することをお勧めします。

 

 

分割払いとリボ払いの違いとは?

キャッシングの返済方法は、主に分割払いとリボ払いの2種類があります。ですが、この違いについてきちんと理解していない人も多いと思います。

 

分割払いはその名の通り、借入額を予め決めた回数で返済するという返済方法です。
借入額が大きくなれば当然、1回あたりの支払金額も大きくなります。

 

それに対して、リボ払いは、月々予め決めた金額を、借入残高に関係なく返済するという返済方法です。
支払金額が借り入れの金額に関わらず、ほぼ一定のため、自分が今いくらお金を借りているのかを意識しづらくなります。
そのため、気がついたらかなりの金額を借りていたということになりやすいのが問題点でもあります。
リボ払いに関して、よく分からないまま利用してしまったがために、月々の返済のほとんどが利息に当てられて、一向に返済が終わらないという事態に陥ってしまっている人も多いのが現状です。
このようにならないためにも元金と利息分を把握し、計画的な借り入れをするようにしましょう!


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類